車の購入から整備まで カーライフ徹底サポート宣言!

車検・整備 – 法定1年点検

法定1年点検

法定1年点検は、安全の確保・公害の防止のために、法令で定められた有料の定期点検整備です。
お車の良好なコンディションを保つためには、こまめな「定期点検」が大切です。
お車の使用状況、さまざまなリクエストに応じて、整備のプロフェッショナルが的確に整備いたします。

■エンジンルーム点検

  • ・パワーステアリングベルトの緩み、損傷
  • ・スパークプラグの状態※1
  • ・点火時期
  • ・ディストリビューターのキャップの状態
  • ・エンジンオイルの汚れ、量
  • ・燃料漏れ※2
  • ・排気ガスの色、CO、HCの濃度
  • ・エアクリーナーエレメントの汚れ、詰まり、損傷※1
  • ・ファンベルトの緩み、損傷
  • ・冷却水の漏れ
  • ・バッテリーのターミナル部の緩み、腐食

■室内点検

  • ・ブレーキペダルの遊び、踏み込んだ時の床板とのすき間
  • ・ブレーキの効き具合
  • ・パーキングブレーキレバー(ペダル)の引きしろ
    (踏みしろ)
  • ・パーキングブレーキの効き具合
  • ・クラッチペダルの遊び、切れた時の床板とのすき間

■足回り点検

  • ・ブレーキマスターシリンダーの液漏れ
  • ・ブレーキホイールシリンダーの液漏れ
  • ・ブレーキディスクキャリパーの液漏れ
  • ・ブレーキドラムとライニングのすき間※1
  • ・ブレーキドラムの摩耗、損傷※2
  • ・ブレーキシューの摺動部分、ライニングの
     消耗※1
  • ・ブレーキディスクとパッドのすき間※1
  • ・ブレーキパッドの摩耗※1
  • ・ブレーキディスクの摩耗、損傷※2
  • ・タイヤの空気圧、タイヤの亀裂、損傷※1
  • ・タイヤの溝の深さ、異常摩耗、スペアタイヤの空気圧※1
  • ・ホイールのボルト、ナットの緩み※1
  • ・サスペンションの取付部、連結部の緩み、がた、
    損傷※2
  • ・サスペンション各部の損傷※2

■下回り点検

  • ・エンジンオイルの漏れ
  • ・ステアリングギヤボックスの取付けの緩み※2
  • ・ロッド、アーム類のボールジョイントのダストブーツの亀裂、損傷※2
  • ・ブレーキホース、パイプの漏れ、損傷、取付状態
  • ・トランスミッション、トランスファーオイルの漏れ、量
    ※1
  • ・プロペラシャフト、ドライブシャフトの連結部の緩み※1
  • ・ドライブシャフトのユニバーサルジョイント部のダストブーツの亀裂、損傷※2
  • ・デファレンシャルオイルの漏れ、量※1
  • ・エキゾーストパイプ、マフラーの取付けの緩み、損傷、腐食※1
  • ・遮熱板の取付けの緩み、損傷、腐食※1

■外回り点検

  • ・フレーム、ボディの緩み、損傷

※1…走行距離によって省略できる項目 ※2…シビアコンディション点検項目/追加料金